明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。
2017年 今年はどの様な年になるのでしょうか?地球にあるすべての物に平和と平安が訪れますことを心より願わずにはいられません。
私達の思いを少しでも良い方向へ向け一歩一歩前進することを考えなければならない所まで来ている気がするのです。

第1作:想念(100F)

第2作:宇宙の涙(100F)

第3作:愛(120F)

第4作:無限(100F)

第5作:光(100S)

第6作:転生(320F)

第7作:一ツ(100S)

第8作:輝き(400F)

第9作:宇宙の愛(100F)

第10作:祝福(120F)

第11作:歓び(100S)

第12作:無限の光(120F)

第13作:祈り(480F)

第14作:曼陀羅の華(100S)

第15作:融合(120F)

第16作:光の元へ(120F)

第17作:新生(100S)

第18作:廻帰(320F)

第19作:愛と歓びへの帰還(480F)

第20作:飛翔(240F)

第21作:光と愛と瞑想(120F)

第22作:共に輝く(100S)

第23作:美しい水への帰還(100F)

第24作:究極の愛(100F)

第25作:次元上昇(360F)

宇宙シリーズによせて

13年間をかけて私達が生きて来たことにより汚染されてしまった地球が再生されるであろうという25枚の大きな油絵を20年前から描き続けてまいりました。
第1作目の想念(100号)から第25作目の次元上昇(360号)まで天からのメッセージを受けながら描き続け25作品が出来上がった時には13年という月日が流れていました。
今年こそ宇宙に在る全ての物への祈りと私達の住む地球への深い愛と祈りの一年になることを願ってやみません。
私達は地球が穏やかで美しくあってくれることこそが幸せに暮らしていけるということを深く考える時に来ているのではないでしょうか。2017年が心から良い年であったと言えることであることに思いを馳せながらの年の初めです。
描き出した時には、何を描いているのかもまったく解りませんでした。
しかし、全てが描き上がった時に初めて宇宙と地球がこれから歩んでいくだろうという壮大なドラマを描かされていたのだということを知りました。
絵の題も全て天から降ろされたもので私が自分自身で付けたものは一枚もありません。その題一ツ一ツを深く考えていくと強くメッセージがある事に気付かされ私自身大変驚きました。
今は私達がふと立ち止まった時に深く考えなければならない事がこの25枚の絵の中に全て描かれていることを知った時、この絵を沢山の方々に見ていただきたいという想いが年々強くなり、同時に地球に対しての想いも年月が増すごとに強くなりました。今迄、一度だけ東京の銀座で全作品(25枚)を見ていただく事がありましたが、銀座では大きな方の画廊でしたが(100坪位)一枚一枚の間隔が狭くゆっくり見ていただけなかったのが心残りでしたが、嬉しいこともありました。見に来て下さった方々が、御自分の好きな絵の前で長い間立ち止まられ、涙を流される方が沢山いらっしゃったことと長い時間イスに座られ空間を楽しまれる方が沢山いらした事が私にとってはとても印象に残る展覧会でした。
その時思ったこと、それはこの絵には大きな役目があるということでした。
今年はこの宇宙シリーズの絵25枚を沢山の方々に知っていただき原画を見てくださる、機会が持てますことを心から強く願い祈りたいと想っています。

追伸

宇宙シリーズ25枚の画像のDVDを発売する予定です。
そして、DVDを見ながらどの様に宇宙シリーズが描き上がって来たのかそして21世紀のエネルギーの中での生き方他・・・
お話をさせていただける会などもやっていければと思ったりしています。

2017年1月1日

・メッセージを更新しました。
・トップページの写真を更新しました。

2016年3月7日

・メッセージを更新しました。
・トップページの写真を更新しました。
・ひとりごとを追加いたしました。

2016年1月5日

・メッセージを更新しました。
・トップページの写真を更新しました。
・ひとりごとを追加いたしました。
・お知らせを追加いたしました。



画廊紹介

画廊紹介 札幌市中央区宮の森1条10丁目2-32
画廊オープン 火曜日 AM11:00〜PM4:00

画廊紹介

画廊紹介いよいよ私も「ツイッター」にデビューしました。「hanagarou」です。