宇宙シリーズによせて

宇宙シリーズによせて(No.8)

第8作 輝き (400F)
愛に変わろうとしている地球に、天使が愛の光を運んでくれる様子を描いた作品です。宇宙において地球だけで生きているのではなく地球も他の星々の様に宇宙の星の一ツなのです。私達は全てが繋がっているということに気がつかなければならない時に来ています。宇宙からいつもサポートされていることを忘れてはならないのかもしれません。

2017年も終ろうとしています。早いもので21世紀に入って17年の月日が流れようとしています。今私達の住む地球は輝いているのでしょうか。そして私達はどの様な想いで日々を過ごしているのでしょうか。私達は地球が生きていること、私達を一生懸命守ってくれていること空気も水も生物も植物も全ては地球によって育まれていることを全て忘れてしまっている様な気がしてなりません。
私達人間は地球を守る為に生まれた来たということを全て忘れ空気を汚し、水を汚し木々を伐採し自分達の都合の良い様にその時、その時の時代を生きて来ました。その結果が今の地球なのです。
それでも宇宙は地球に対し愛の光を送り続けてくれているのです。なぜでしょうか?それは宇宙にある全ての物は例外なく愛のエネルギーで繋がっているということでその中の一ツでもなくなれば全てがなくなるということです。私達はそれを学ばなければならない時に来ているということなのです。そのことに目覚めなければ地球からも宇宙からも見放されてしまう時に来ている様なきがしてなりません。私達がこれから生きて行くには、宇宙にある全て、地球にある全てのものが愛のエネルギーで繋がっていることを深く理解し、共に輝いていく事を心から考えなければならない最終の所まで来ている気がしてならないのです。
宇宙も地球も輝き続けたいという意志を持っているのですから、私達もその意志と共に生きることが私達の生きる道なのではないでしょうか?宇宙にある全てが繋がっていることを本気で感じ、考えなければならない時に来ているのです。


Posted on


宇宙シリーズによせて(No.7)

第7作 一ツ (100S)
草も木も動物も人も、地球上にある全て又宇宙に存在する全てのものは、役割が違うだけで全ては一ツなのです。
この作品は私達全ては一ツの所から生まれ一ツの所へ帰るというメッセージを伝えているようです。
地球上で一番賢く何をしても許されるという思いで行動してきた人間、その結果が今の地球の姿なのです。
全てが一ツの世界の中で助け合い、それぞれが自分の役割を果たす事、今がそれが最も大切なのです。

今21世紀に入り私達は何かを置き忘れて来てしまったような気がしてなりません。それはいったい何なのでしょうか。私達も動物も植物も宇宙にある全てのものが、それぞれに生き一ツ一ツが全て分離しているということを信じ生きて来ました。その結果が今の私達です。しかし21世紀に入り17年が過ぎようとしています。今少しづつですが地球に存在する又宇宙に存在する全てのものが繋がっているということが分かって来ました。そして同時に自分から発する言葉に注意しましょう。良い言葉を発しましょう。他の人の為に生きることが自分自身を生きることに繋がるということマイナスの言葉を発すれば全て自分に帰ってくるということ、昔から先人達がことわざなどで言われていた事が本当のことなのだということを最近強く感じます。だからこそ一人一人が分離しているのではなく、全てが繋がっているということを今深く考え知る時に来ている気がしてなりません。私達人間も動物も植物も鉱物も宇宙にある全てのものが愛のエネルギーで繋がっていることを一人一人が意識して生きなければならない時に来ています。それが出来る様になればもう少し全ての物に、やさしい気持ちで接することが出来るのではないでしょうか。地球にも宇宙にも・・・そして全てのものに・・・それこそ21世紀に生きるということなのかもしれません。


Posted on


宇宙シリーズによせて(No.6)

第6作 転生 (320F)
日々汚染されている地球が私達の愛により新しい地球へ変わっていく様子を描いたものです。
地球も私達も同じく生きているのです。
古くなった地球から新しい地球に変わる時が来たのでしょうか。
私達人間も新しい地球と共に地球に住み続けていくことができるでしょうか。

地球は今、どの様な状態にあるのでしょうか。
私達が想ってもいない様な日々の出来事が起こり続けている今日この頃です。
私達が生まれて以来、この様にめまぐるしく変わる地球は見たことがありません。
毎日毎日の天候は予報とは違い、人種を越えて人間同志が争い合い、動物、植物を傷つけ
弱い者をいじめ、それでも平気で日常の生活が出来る。いったい私達はどうしたのでしょう。
そしてそれに慣れて疑問にも思わなくなっている私達。他人の弱い部分を何度も何度も繰り返し攻めても何も感じない。
いったい本来の人間のあるべき姿はどこにいってしまったのでしょうか。
今地球は私達人間をどの様な想いで見つめているのでしょうか。地球自身がいよいよ声を上げだしたのだと私は強く感じます。
地球に対しての尊敬と愛を忘れてしまった私達、その事を深く考えなければならない時に来ています。私達に出来る事は
ほんの少ししかないでしょう。でもその少し出来る事からやらなければ地球がこれから次元を上昇させていく時に
地球と共に私達もその中いる事が出来るでしょうか。人間が本来持っていた地球をサポートするという想いを思い出し
地球と共に生きることを真剣に考えなければならない時に来ています。
「転生」地球は必ず次元が上昇し4次元5次元の世界になっていくことでしょう。その時私達も一緒にその喜びをわかちあいたいものです。
私達の出来ることそれは、私達の愛で全てを包み込み、地球に対しての祈りしかない気がします。
私達は侵してはいけない限界まで踏み越えてしまったのかもしれません。


Posted on


宇宙シリーズによせて (No.5)

第5作「光」(1005)
 日々汚染されている地球その地球を救うには地球を貫くぐらいの愛の光が必要なのかもしれません。
私達人間が地球に住むようになり、地球はどんどん光を失っていきました。本来人間は地球をサポートする為に生まれてきたのです。
しかし今この役割を忘れ自愛と共に生きることも忘れ、地球によって生かされていることさえも忘れてしまいました。
それが今の私達なのです。

私達は今どの様な心で生きて行こうとしているのでしょうか。
私達人間が地球によって守られ生かされてからどの位の年月がたったのでしょうか。
地球が生まれた時は生々と輝き美しい星だったことでしょう。
西暦に入ってからすでに2017年が過ぎ原初の地球を想った時、何億年の時間が流れたのでしょうか。
そしてその長い時の流れの中に地球は生まれ生きてきたのです。そして私達が生まれ育ったこの100年位の間に
地球によって生かされているということを忘れエゴの心だけで行動してきた結果が今の地球の状態です。
地球は今悲鳴を上げているのです。今私達が地球と共に生きるということを真剣に真摯に考え行動しなければならない
最終段階に来ている様な気がしてなりません。
宇宙に在る全てのものは波動により動いているということを知る時に来ています。動物も植物も鉱物も地球に在る
そして宇宙に在る全てのものが波動を出しながら日々過ごしているのです。
私達の想いも波動です。一人一人が良い想いを発することの大切なこと知らなければならない時に来ています。
それこそが、私達一人一人に出来る最少で最大の地球に対しての愛なのです。
地球は今地球を貫く位の愛の光が必要な時に来ています。それは私達一人一人が21世紀に入り真・善・美の時代
といわれる中で私達の生き方を大きく変えなければならない時に来ているのです。
雨が降れば大洪水、風が吹けば大嵐、雷、竜巻、大雪とこの全てが私達人間が自分だけが良くなればと進んで来た結果の様な気がしてなりません。
これからは私達一人一人が地球と共に生きるということを心の深い所で受け止め反省しつつ想いの心をプラス方向へとスイッチを切り替え一日一日
大切にそして瞬間瞬間を楽しみながら地球に対しての感謝を忘れず日々を過ごすことこそが、誰にでも出来る地球に対しての愛だと思うのです。


Posted on


宇宙シリーズによせて

第4作「無限」(100F)
無限の光で輝き続けることを願って生まれた宇宙
それから何十億年たったのでしょうか
これからも光を失うことなく無限に輝くことを望むのは
私達の想いであり宇宙の意志でもあるのです

宇宙が生まれその中に星々が生まれ、その中の一つである地球という星に
私達は生かされています。
いったい宇宙も他の星々もどの位前から存在していたのでしょうか。
今、科学が発展し色々の事が証明される時代になりましたが、わからないというのが
本当のところだろうと思うのです。
しかし今わかっていること、それは私達の中に意志がある様に宇宙にも地球にも意志があるということの様です。
宇宙も地球も私達も全てが一つにつながっているということを強く意識しなければならない時に来ている気がします。
そして、宇宙の意志である無限に輝きたいという想いを共有していることを深く感じ宇宙や地球に対しての強い感謝の想いを
心から願うことも私達に出来る一つの道のような気がしてなりません。
宇宙や地球が無限に輝き続けたいと想っていることを私達は地球を失った時初めてそのことに気がつくことにならないように・・・
そして宇宙や地球が無限に輝くことを選択できるおは私達の祈りの力であるということ・・・
宇宙にある全てのものに対しての愛と感謝の強い想いの心なのではないでしょうか。
今私達人間は地球によって生かされているということを強く意識し深く受け止めなければならない時に来ている気がしてならないのです。


Posted on


2017年11月26日

・宇宙シリーズによせて NO.8を追加しました。
・ひとりごとを更新しました。
・「お話し会が終って」を追加しました。

2017年10月17日

・宇宙シリーズによせて NO.7を追加しました。
・ひとりごとを更新しました。

2017年8月22日

・宇宙シリーズによせて NO.6を追加しました。
・ひとりごとを更新しました。

画廊紹介

画廊紹介 札幌市中央区宮の森1条10丁目2-32
画廊オープン 火曜日 AM11:00〜PM4:00
三月より土曜日も画廊をオープンします。

画廊紹介

画廊紹介いよいよ私も「ツイッター」にデビューしました。「hanagarou」です。