宇宙シリーズによせて

宇宙シリーズによせて (No.5)

第5作「光」(1005)
 日々汚染されている地球その地球を救うには地球を貫くぐらいの愛の光が必要なのかもしれません。
私達人間が地球に住むようになり、地球はどんどん光を失っていきました。本来人間は地球をサポートする為に生まれてきたのです。
しかし今この役割を忘れ自愛と共に生きることも忘れ、地球によって生かされていることさえも忘れてしまいました。
それが今の私達なのです。

私達は今どの様な心で生きて行こうとしているのでしょうか。
私達人間が地球によって守られ生かされてからどの位の年月がたったのでしょうか。
地球が生まれた時は生々と輝き美しい星だったことでしょう。
西暦に入ってからすでに2017年が過ぎ原初の地球を想った時、何億年の時間が流れたのでしょうか。
そしてその長い時の流れの中に地球は生まれ生きてきたのです。そして私達が生まれ育ったこの100年位の間に
地球によって生かされているということを忘れエゴの心だけで行動してきた結果が今の地球の状態です。
地球は今悲鳴を上げているのです。今私達が地球と共に生きるということを真剣に真摯に考え行動しなければならない
最終段階に来ている様な気がしてなりません。
宇宙に在る全てのものは波動により動いているということを知る時に来ています。動物も植物も鉱物も地球に在る
そして宇宙に在る全てのものが波動を出しながら日々過ごしているのです。
私達の想いも波動です。一人一人が良い想いを発することの大切なこと知らなければならない時に来ています。
それこそが、私達一人一人に出来る最少で最大の地球に対しての愛なのです。
地球は今地球を貫く位の愛の光が必要な時に来ています。それは私達一人一人が21世紀に入り真・善・美の時代
といわれる中で私達の生き方を大きく変えなければならない時に来ているのです。
雨が降れば大洪水、風が吹けば大嵐、雷、竜巻、大雪とこの全てが私達人間が自分だけが良くなればと進んで来た結果の様な気がしてなりません。
これからは私達一人一人が地球と共に生きるということを心の深い所で受け止め反省しつつ想いの心をプラス方向へとスイッチを切り替え一日一日
大切にそして瞬間瞬間を楽しみながら地球に対しての感謝を忘れず日々を過ごすことこそが、誰にでも出来る地球に対しての愛だと思うのです。


Posted on


宇宙シリーズによせて

第4作「無限」(100F)
無限の光で輝き続けることを願って生まれた宇宙
それから何十億年たったのでしょうか
これからも光を失うことなく無限に輝くことを望むのは
私達の想いであり宇宙の意志でもあるのです

宇宙が生まれその中に星々が生まれ、その中の一つである地球という星に
私達は生かされています。
いったい宇宙も他の星々もどの位前から存在していたのでしょうか。
今、科学が発展し色々の事が証明される時代になりましたが、わからないというのが
本当のところだろうと思うのです。
しかし今わかっていること、それは私達の中に意志がある様に宇宙にも地球にも意志があるということの様です。
宇宙も地球も私達も全てが一つにつながっているということを強く意識しなければならない時に来ている気がします。
そして、宇宙の意志である無限に輝きたいという想いを共有していることを深く感じ宇宙や地球に対しての強い感謝の想いを
心から願うことも私達に出来る一つの道のような気がしてなりません。
宇宙や地球が無限に輝き続けたいと想っていることを私達は地球を失った時初めてそのことに気がつくことにならないように・・・
そして宇宙や地球が無限に輝くことを選択できるおは私達の祈りの力であるということ・・・
宇宙にある全てのものに対しての愛と感謝の強い想いの心なのではないでしょうか。
今私達人間は地球によって生かされているということを強く意識し深く受け止めなければならない時に来ている気がしてならないのです。


Posted on


宇宙シリーズによせて(NO.3)

第3作「愛」(120F)

今、地球にとって必要なもの それは愛しかないようです。私達はこれまで情のある愛を一番大切にしてきました。
21世紀に入り「愛の時代」と言われるようになった今、求められているものは、情のない大きなる愛のようです。

21世紀に入り17年の月日が流れようとしています。
20世紀迄、私達は愛情を外に求め喜びや悲しみの日々を過ごしてきました。21世紀に入り愛の形が少し変化しようとしています。私達の心はいつも愛を求め暗闇の中をさまよい続けて来ました。その中で私達は感謝を忘れ、地球にある多くの命を奪い、それに活かされていることを忘れてしまいました、そして自分の身の回りにある見えるものだけに愛情を注ぎそれが愛であると勘違いをしたまま今に至っている気がしてなりません。
21世紀に入りようやく愛情と愛との違いが少しづつ分かって来た時代に入ったのではないでしょうか。
情のある愛とは自分中心に身近な人々、目で見える範囲の動植物への想いを愛情だと想って来ました。21世紀に入り、愛の時代となり私達人間としてもっともっと広く深く愛をとらえ考えなければならない時代に入っているようです。今、とても大切なこと、それは宇宙に在る全ての物が愛のエネルギーにとって繋がっていることを知らなければならない時に来ています。私達一人一人が愛で繋がっている事を本当に知ることが出来た時、初めて地球に平和が訪れるのではないでしょうか。


Posted on


宇宙シリーズによせて(NO.2)

第2作「宇宙の涙」(100F)
地球は人間が生きることにより年々汚染され地球自身で再生することができなくなっています。
今、宇宙から地球への愛の涙が流され地球自身が癒されているようです。
今、私達は物の見方を大きく変えなければならない所に来ている様です。
私達は私達だけで生きているということではない事を深く感じ考えなければならない時に来ているのです。

宇宙にある全ての物が繋がってお互いに影響しあい生きているという事なのです。今、私達は人間だけが良ければいいという考え方を大きく変えなければならない所に来ています。地球にある動物、植物、鉱物、そして宇宙にある全てのものにとって生きていくことが楽しく幸せであるということを深く考えなければならない時にいるのです。
第2作「宇宙の涙」は宇宙から地球に対して大いなる愛の涙を流し、地球自身を癒している事に気付き、愛のある人々を増やしてく事を願っているようです。私達は宇宙から地球に対して大きなサポートのある事を知らなければならない時に来ています。


Posted on


宇宙シリーズによせて(NO.1)

今年から宇宙シリーズ一枚一枚の中から読み取れる意味を少し深く書いていこうと思っています。
第1作「想念」から第25作「次元上昇」まで一連の絵、一枚一枚のなかからどの様なメッセージがあるのか、そして私達が今、深く考えなければならないこと、そして地球に対しての強い愛の想いをもっていただけますことを願いながら・・・第一作「想念」から初めてまいりたいと思います。
時季も旧暦の新年からですのでこれから25作迄たのしみながら一作一作その時、その時の想いを乗せながら書いていければと思っています。

第1作「想念」100号

今、地球全体が汚染され宇宙へと広がっています。地球を私達一人一人がサポートし、共に生きていかなければならなくなっているようです。

私達が今一番地球に対して感じていることそれは天候の変化ではないでしょうか。雨が降れば大洪水、風が吹けば風速何十メートルという大風が吹き、雪がふれば大雪と今までにはない季節の変化を感じているのではないでしょうか。第1作目の「想念」からのメッセージそれは想いを持って念じることの様です。
これから地球が良い方向にいくのか悪い方向に行くのか今まさに大事な分岐点に来ている気がしてならないのです。私達の想いにより、地球と共に良い方向へ向かっていきたいものです。もう遅すぎると言っている方もいる様ですが私達が気付いた時から選択できるということなのです。気付いた人達がその時から少しづつでも前へ進む事を
していかなければならないぎりぎりの所に来ている気がしています。昨年の後半から常に頭の片隅にあったことそれは祈る力ということでした。祈りの力は大変強いエネルギーを持っているということと私達が祈ることにより地球もそして、地球にある全てのものが前へ進んでいくことができるということなのです。そのために第1作「想念」(想いを持って念じる)をいう絵が第1作のメッセージとして下されてきたと思うのです。
私たちが全ての人達に対して出来ることそれは一日一回の宇宙にある全てのものへの祈りなのです。
沢山のかたがたが祈ることにより横につながるエネルギーが大きくなり地球への祈りに変わるのではないでしょうか・・・その想いこそ想念なのではないでしょうか
〜第1作 「想念」100Fによせて〜


Posted on


2017年7月15日

・宇宙シリーズによせて NO.5を追加しました。
・ひとりごとを更新しました。

2017年5月8日

・宇宙シリーズによせて NO.1を追加しました。
・ひとりごとを更新しました。
・個展情報を更新しました。

2017年2月13日

・三月より土曜日も画廊をオープン致します。
画廊オープン 火曜日・土曜日 AM11:00〜PM4:00

画廊紹介

画廊紹介 札幌市中央区宮の森1条10丁目2-32
画廊オープン 火曜日 AM11:00〜PM4:00
三月より土曜日も画廊をオープンします。

画廊紹介

画廊紹介いよいよ私も「ツイッター」にデビューしました。「hanagarou」です。