京子のひとりごと

暦は3月5日を過ぎようとしています。

お雛祭りも終わり、札幌は春の日差しを少しずつ感じる季節になりました。今年は初冬の頃に降った雪が、まだまだ道路の側らに積み上げられ足元の悪い日々ですが毎年今頃になると「早春賦」のメロディーが頭の中を流れます。北国の人々が春を待つ心は特別です。光の春が訪れを首を長~くに待っています。
この季節になると毎年絵の個展を開くのが例年の事でしたが、今年は予定もせずにのんびりとしていたのですが、急に写真展を開く事になりました。4月11日(火)~16(日)の1週間です。案内状ができましたらホームページへアップいたします。
見にいらしていただければ大変嬉しいです。
写真展も今回で4回目となります。今年は少し楽しんでいただけますよう、少し工夫をしようと思っています。
さてどの様になりますか~。


Posted on


2月に入り節分が過ぎ、立春が過ぎ、いよいよ春らしい光と風の季節の訪れです

2月に入り節分が過ぎ、立春が過ぎ、いよいよ春らしい光と風の季節の訪れです・・・といっても札幌はまだまだ寒い日々ですが、今日(6日)雪祭りの雪像も素敵に出来上がり北国の冬の楽しみであるお祭りが始まりました。今年はどの位の方々が札幌へいらして下さるのでしょうか?
私達、札幌の住人はお子様が小さい方々は別としてあまり足を運ばない様な気がするのは私だけの感想でしょうか。今年は雪が多く雪像作りには良い年だった様です。(遠くの場所から雪を運ぶこともなかったそうですので。)
久し振りに大通公園まで出掛けて楽しむのもよいかしらと思ったりしています。


Posted on


3月5日(土)素晴らしいお天気です。

3月5日(土)素晴らしいお天気です。
窓の外の雪がキラキラと光り白樺もニセアカシアもナナカマドの木々もみんな光の方向へ向かって春の訪れを首を長〜くして待っているように見えます。
木々の芽も少し膨らんで見えるのは私の希望でしょうか。
北国の春を迎える気持ちはとてもとても熱いものがあります。
3月3日のおひな祭りが終わりもう少しで春の訪れで〜す。心が浮き浮きします。
毎年毎年繰り返しの季節のめぐりですが、今頃が一番首が長くなる季節です、
春よ来い早く来い 小鳥の声も一番輝き楽しそうです。これも全て地球がある。
私達はそれにより生かされているこいう事なのです。
宇宙に地球にそして太陽に全てに感謝です。


Posted on


今年も忙しい1年になりそうです。

今年も忙しい1年になりそうです。『宇宙シリーズ第2弾』個展を開催いたします。
昨年、出展できませんでした100号〜400号迄の12〜13枚の絵を飾る予定で準備しています。沢山の方々に見ていただきたいと今からわくわくしています。わくわくといえば昨年12月21日道新の美術の記事の中で一年を回顧して美術ジャーナリストの五十嵐恒氏が私の今年のベスト3の中で第1に「武田京子宇宙シリーズ展」を上げてくださり、私の絵画人生で一番うれしかった事でした。ありがとうございました。
個展とは別に、今年は又「宇宙シリーズ」が新しい形で展開する予定にしております。それを見ていただくのも今から楽しみにわくわくいたしております。お楽しみに・・・


Posted on


晩秋に入り日を追うごとに

晩秋に入り日を追うごとに目に映る木々の色が変わり、我が家の窓から見える景色も紅葉の季節から茶色の世界へと移り変わり、初雪の声をあちらこちらで聞く様になりました。
散歩に出掛けると風に舞う落ち葉が、からからと音をたてその中をサクサクと歩みながら想う事・・・ 散歩をする様になってもう何回季節がめぐったのだろうかと・・・
春夏秋冬、季節季節でワクワクと心が踊る・・・
この頃は一瞬一瞬を楽しみたいと、そして大切にしたいと心から思うのです。


Posted on


2017年10月17日

・宇宙シリーズによせて NO.7を追加しました。
・ひとりごとを更新しました。

2017年8月22日

・宇宙シリーズによせて NO.6を追加しました。
・ひとりごとを更新しました。

2017年7月15日

・宇宙シリーズによせて NO.5を追加しました。
・ひとりごとを更新しました。

画廊紹介

画廊紹介 札幌市中央区宮の森1条10丁目2-32
画廊オープン 火曜日 AM11:00〜PM4:00
三月より土曜日も画廊をオープンします。

画廊紹介

画廊紹介いよいよ私も「ツイッター」にデビューしました。「hanagarou」です。